朝活は楽しくて有意義な時間。好きなことができるメリットとデメリットを知ろう!

Pocket

「朝活」。ネネポがその言葉を知るまで朝7時まで夢の中にいました(勤務開始が9時頃)。しかしTwitterで「朝活」というものを知ってから5時30分に起きるようになり、自分が好きなことができるようになりました。

今回の記事では、世間で話題の「朝活」がどういったものなのか、朝活のメリット、デメリット、朝活でネネポがやっていることを紹介しようと思います。

「朝活」って何?

「朝活」とは朝に起きて活動することです。

朝4時や5時に起きて作業したり、資格の勉強などをします。

普段の時間にやっていることと何が違うのか?

それは、朝に何か自分のやりたいことをする方が身体的に良いからです。

朝活のメリット

朝に運動すると代謝が上がり、頭と体が整う

朝、運動すると夜に比べて早く汗をかきます。体が暖かくなり血がスムーズに流れていることを感じます。

また、朝は交感神経という自律神経が活発になりやすく、脳もシャッキリします。

ネネポは27歳の朝活でストレッチをして、1週間で5kg痩せ、会社ではいつもより頭が回りスムーズに仕事できました。

朝に作業すると集中力が上がる

朝起きた時の脳はぼんやりとして動きが遅いです。

逆に、このぼんやりしている時に一つのことを行うと、一つの作業しか考えられない状態になり自然と集中して作業ができます。

作業に集中し過ぎて出勤時間ギリギリまで作業してしまうという時は、アラームを使うと時間に区切りを付けることができます。

他の時間がゆっくり過ごせる

朝活で時間を決めて行うと、朝食や身支度などの時間をゆっくり行うことができます。

出勤時間ギリギリまで寝て布団から起きると、時間に余裕がありません。
「急がなきゃ!」という気持ちが出てきて自分自身の余裕もなくなり苦痛です。

しかし予め時間を決めて朝活をすると、自分で時間を作ることができます。
好きなタイミングで朝ごはんを食べ、丁寧に化粧や身支度ができて時間をかけられます。
ゆっくり動けることで気持ちにも余裕ができて、気持ちよく朝を過ごすことができます。

自分のやりたいことができる

自分の好きなことができるのは朝活の最大の利点だと思っています。

夫や妻、子供と一緒に暮らしている方は普段家族との交流や食事の準備などに時間を費やされ、自分のやりたいことができないこともあるでしょう。

自分のやりたいことをやるには、皆が寝静まっている朝に行うことをお勧めします。
誰も起きていないので邪魔も入らず、気を遣わずに自分のやりたいことが出来ます。

朝活のデメリット

ここまで朝活の良い点をお伝えしましたが、少なからずデメリットもあります。

早起きをする必要がある

早起きこそ朝活の醍醐味です。普段より1〜2時間起きることが前提ですが、慣れるまでは起きることが難しいと思います。

早起きする為には
・早く起きる分だけ、早く寝る
・寝る前に何時に起きて、何をするか決めておく
・目覚めのアラームをセットする
慣れるまでは上記のような方法が大事です。

終わる時間を決めないと、他の時間がなくなる

朝活に夢中になり過ぎると、他の時間が押してしまい朝食、身支度が出来なくなります。

自分の好きなことに時間を費やすのは悪くありませんが、それをやり過ぎて他の生活が疎かになるものは問題です。

バランスよく時間制限がある状態で朝活する方が自分の能力を認識できたり、それを伸ばすことに繋がります。

生産性がないことをしてしまう

「朝活をする!」と意気込んだのに、朝からダラダラとするのは本末転倒です。

目的を持って早起きしたのに何も考えずにスマホでネットサーフィンをしたり、動画見たりするのはとてももったいないことです。

それを改善するには、起きた時のスマホを遮る方法や目的をスムーズに進行させる方法を考えるのが良いと思います。

ネネポが行っている朝活

ここまで朝活について説明しましたが朝活を行う一つの例として、私が行っている朝活を簡単に紹介します。

起きる時間は5時〜5時30分。

私が朝活でしていることは

  • ブログ執筆
  • ストレッチ
  • 絵を描く練習(ドローイング)

日によってやることを変えています。

平日は基本6時30分まで朝活をしています。6時30分からは朝食を食べたり、会社へ行くまでの準備をしています。

休日は特に時間を決めずにやっています。

朝活のまとめ

最後に朝活についてまとめましょう。

  • 「朝活」は朝に自分がしたいことをやる活動のこと
  • 朝活のメリットは、「頭と体が整う」「集中力が上がる」「他の時間が増える」「やりたいことができる」
  • 朝活のデメリットは「早起きが必要」「他の時間がなくなる可能性がある」「ダラダラしてしまう」

朝活とはとても有意義です。継続すれば自分の成長に繋がります。皆さんの一緒に朝活して楽しい生活にしましょう!

以上、朝活にでした。ここまで読んでくださりありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました